厳しさが 人を育てる

産まれる前に 自分で両親を選び

その後 自分がどんな 職業に就き

何を成すのか 神様と約束してから

この世に生まれてくるそうです

・・・

信じるか 信じないかは自由ですが

物心がついて 話せるようになると

その記憶は 消えてなくなっていきます

・・・

私は もうすぐ60歳です

神様と約束したことは 果たしているのでしょうか?

・・・

神向(しんこう)をしていると この心配が減ります

なぜなら 神様から許されないことは できないからです

神様との約束ですから 当然 やり遂げるように

神様はレールを敷いてくれます

・・・

なので いろいろなつらい目に合ったり

びっくりするような 現象が起きても

自分がそれに対して きちんと対応できるまで

何度でも 方法を変えて できるようにしていきます

・・・

そうやって 約束を果たせるよう

いろいろな問題に対処して

時には不幸のどん底に陥れたり

幸運の絶頂期にいたりします
・・・
だから どんな出来事も 
無駄なことは何一つなく
必要なことが 必要な時期に やってきているのです
・・・
とかく ラッキーばかり求めがちですが
育てるには 鍛えることが必要です
・・・
りっぱな人格者も 人の気持ちがわからなければ なれません
ダンスも スポーツも 訓練なしでは 上達しません
類まれな技や技術も
そこに難問があって 真摯に取り組み
試行錯誤したから 生まれてくるわけです
・・・
投げ出したり 逃げ出したりしても
神様との約束が その道筋の先にあるなら
その壁は 絶対超えないと いけなくなって来るのです
・・・
そう 神様に任せてしまえば 悩みはなくなります
できることを精一杯努力する
それでも できずに断念したことは
自分が神様と 約束したことではなかったということです
・・・
ずっと 続けてきて
知らない間に 人に喜ばれるようなことは
きっと 神様との約束に近しいことだなあと思います
と 思うことにします、わかりませんから
・・・
あと何年生きられるかなあって 考えたことあります?
今が 永遠には続かないことは
コロナや大雨で よくわかったと思います
・・・
楽しい うれしいことばかりは 続きません
なぜなら 人が成長しないからです
今回のコロナや自然災害は
人が成長していく 大きな壁です
・・・
理性を持って 対処し
自己中心的な考えは捨て
どうしたらいいのか みんなで協力して 考えたら
きっと 明るい未来が あると思います
・・・
まだ 明日 死なない様です
まだ 生きているなら 成長する手段や知恵はあります
死なないのだから 頑張るしかないのです
つらく苦しいばかりは 続きません
・・・
波のように 上がったり 下がったりしながら
小さな船でも 乗り越えていくしかないと思います
神様は その小さな船に燈る 明かりだと思います
先の方が 明るく見えます
自分だけで 暗闇を進むのが怖いときは
頼ってみたら 明るい未来が見えるかもしれません
・・・
信じる 信じないは自由です
・・・
でも
信じただけで 生きていくのが楽しくなったら
それを 奇跡と言っても いいんではないでしょうか?

投稿者: nukotako

群馬在住。お絵描きと刀ミュ好き。猫1匹同居。孫二人。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。