いつまでも きれいでいる意味

50過ぎまして 更年期が訪れ 老眼が進み 白髪が隠せない程になり

顔には ぼつぼつと シミの地図が 増えてしまいました

髪の毛は ぺたーっと ボリュームがなくなり

バストは 下がり(下がるほどないけど) おしりは 元来の位置には存在しません

希望はあるんですよ

つければ ほうれい線は消え シミは薄くなり 肌に張りがでる 化粧品

髪だって ボリュームがでるシャンプー 色が染まる トリートメント

健康にいい体操だって 若返る食べ物だって 数々紹介されてます

でもねぇ・・・

ちょっと 考えてしまうんです

衰えるって 悪いことかなって・・・

もう 50年以上 この顔 体でいるわけです

表面は1枚の皮 多少は変動していても 

脱皮して 新しい皮に変わっていくってことはありません

いつかは 死ぬし 人に迷惑かける程 衰えるかもしれません

それが 何か色々して 先延ばしにしていく意味って 何かなって思います

見た目がきれいで 得することは 多いです

それは 否定しません

モテないよりは モテた方が 楽しいと思います

けどね 若いころから 鏡で自分をみているわけで

きれいって そういった類の人類ではないです

とりあえず 普通にはいれるかなって 所です

だから たかが表面を取りつくろっても 普通ですよ

きれいでもなく 美人でもなく 麗しくもないですよ

人にね 不快感を与えるようなことがあれば それは 改善しないといけないです

でも 白髪でいようが シミがぼつぼつあろうが

私にとって それはそれ これはこれで 

それも 今まで生きて来た 証(あかし)です

ものぐさって言われたら それまでですけど

そういう自分は それでいいかなと 思っているのです

まあ 孫もいるので おばあちゃんには違いないですし

ありのままの~って こんな時使ってもいいかなって

そう思ってます

投稿者: nukotako

群馬在住。お絵描きと刀ミュ好き。猫1匹同居。孫二人。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。